記録ビデオ・動画撮影 画面サンプルご紹介
イベント・発表会は映像で残す時代・記録ビデオDVD
漫然とした記録ではなく意味のある撮影と編集
プレス発表会、会社の周年事業、そして新製品イベント…。会社で行われる行事は「映像で」残しておきましょう。ここでは記録ビデオのサンプル画像をご紹介します。素人チックな記録ではなく、意義をしっかり認識した上で「意味のある撮影」「目的のある編集」を行うのが、当社記録DVDの大きな特徴。ぜひそのエッセンスをご覧ください。
>>もとのページに戻る

イベント記録DVD撮影・実際の制作例
ブリッジ画面の反映
記録ビデオといえば、ただ単に「その場で起こっていることを漫然と記録しただけの」ものが多い。ですが、当社の記録DVD撮影は違います。きちんと意味を考え、視聴しやすくさまざまな工夫を凝らします。ここが他社の記録ビデオとの大きな違いです。
舞台反対側も撮影
イベントでのメイン撮影対象は、もちろんステージ・舞台および演目そのもの。ですが記録上、意外と重要なのが「それを見ている観客・ギャラリーの姿」。このカットが入るだけで記録映像の印象は天と地ほども違ってきます。
会場「外」の雰囲気も
イベントが開催された会場の「外観」も撮影します。これにより「いつ・どこで・誰が・何を」を、イメージしやすく記録に残せます。撮影対象を柔軟に捉えることで、普通の記録ビデオから一歩も二歩も進んだ「ドキュメント」にすることができるのです

メインタイトルも重要
記録DVD動画撮影のメインディッシュは、もちろん本編そのもの。ですが作品冒頭の「メインタイトル」にも十分気を配りたいもの。まっとうなデザインが施された完成度の高いグラフィックが挿入されれば、より洗練されたDVDにまとまります。
解説もインサート
講演記録では、パネラーの話題・演目をテロップで表示すると理想的。ここまでくるとある種「ダイジェスト」的な雰囲気も出てきますが、いづれにせよ「撮りっぱなし」映像にしないことが、よりよい記録DVD撮影を行う秘訣です
マルチカム収録の威力
特に大人数でのパネルディスカッションでは、マルチカム(複数カメラ)収録・撮影をおススメしています。その理由は、この画面の通り。話者ごとに独立した撮影が行えるため、文字どおりテレビ中継と同等のクオリティで収録が可能です



>>もとのページに戻る

その他の記録ビデオDVD撮影サンプル画面
工夫と愛情が完成度を高める
記録ビデオ・記録DVDの完成度を高める要素は何かを考える…すると、行き着く先は「愛情」になります。そう、担当者がどれだけそのイベントや会社、担当者に思いを持つか。そこに全てがかかっています。確かに下記画面のようにたくさんテロップを入れたりデザインをすることは、手間のかかる大変な作業。しかしそれを厭わず、むしろ楽しみながら取り組めるかどうか。こうした気持ちで制作に臨む会社こそ、よい記録ビデオを制作できるプロダクションといえるでしょう。

全体を俯瞰する広い絵が記録には必須。広角レンズで撮影
手元の動きを細かく学べるのは動画ならではの再現性があってこそ
イベント開催日の「天気」も重要な記録。会場の外も撮影
まっとうな撮影は適切なカメラ位置確保から

記録本編前にイントロ部分があると理想的
つぶさに「その日」を記録することが重要
記録とはいえ画面に適度な「造作」は必須
人の表情を捉えてこそのビデオ記録映像です

広角を確保することは記録撮影の基本。適切な機材構成を
話者だけでなく聴衆もきちんと撮影します
オープニングタイトルは本編の華
まっとうな構図での記録撮影が理想。さまざまなカットを反映

>>もとのページに戻る